コンパニオン スーツ 通販

コンパニオンスーツ通販まとめ|激安から高級までなんでも揃う

MENU

宴会コンパニオンのお仕事

 

( 'A`)宴会コンパニオンについてのFAQ。

スポンサードリンク

宴会コンパニオンのお仕事記事一覧

【女性の水商売】キャバ嬢とは少し違う「宴会コンパニオンの種類」

コンパニオンと聞くと、新車がズラリと並ぶモーターショーや、コンテンツの販促イベントで登場するモデルさんをイメージしがちですが、今回は夜のお仕事、水商売におけるコンパニオンの種類について解説していきたいと思います。

【宴会コンパニオン】面接は服装よりも明るさや清潔感をアピールする

年末などの繁忙期は稼ぎ時となる宴会コンパニオンのお仕事。長期でも短期でも自分にあったスタイルで働ける点が好評ですが、まずは他の職種同様に面接を突破しないといけません。そこで浮かび上がるのが「面接はどんな服装で行けばよいのか?」という疑問点ではないでしょうか?今回は、面接コンパニオンに適した服装と、面接ではどこをチェックされているのか?など、面接をクリアするための傾向と対策を立案してみました。宴会コ...

【宴会コンパニオン】最初のご挨拶、どんなセリフを用意するべきか?

男どもの宴を盛り上げるべく、お酒を注いだり、一緒におしゃべりをしたりと、キャバ嬢のような役割を担う、宴会コンパニオンというお仕事。実は最初にかんたんな挨拶を言うのがお決まりだったすることも多いです。特に仕切りなどを任せられるリーダー格ともなると、自己紹介を含めての挨拶はマストになるかもしれません。今回は、宴会コンパニオンで欠かせない挨拶の定形コメントをいくつか用意してみました。もしもの場面にそなえ...

【宴会コンパニオン】お仕事に必須アイテムとなる「持ち物」とは?

宴会コンパニオンとして働くのなら、あらかじめ用意された制服に身を包むか、自前で用意したSEXYなコンパニオンスーツなどにお着替えするのがよくあるパターンです。そして、衣装チェンジもメイクも済ませて、いざお客様のもとへ!となった場合に、女性として、宴会コンパニオンとして、必ず持参したほうが良い「持ち物」というものが存在します。今回は、宴会コンパニオンの必需品としてよくあがるアイテムの一例をあげてみま...

【宴会コンパニオン】お酒の断り方はちょっとイメージが浮かぶようなリアリティを

ノーマルコンパニオンでも、スーパー(ピンク)コンパニオンでも、お客様のグラスにお酒を注いでいる時によく言われるのが「一緒に飲もう」や「君も1杯飲みなさい」といった、アルコールのお誘いではないでしょうか。お酒大好きなコンパニオンなら喜んでい頂戴するところですが、ビールも焼酎も大の苦手!という女性にとってはピンチの場面です。素直に「ごめんなさい、わたし飲めないんです」では、その場がちょっと白けてしまう...

【宴会コンパニオン】副業で心配なのは親バレ、彼バレ、会社バレ対策

短期でも継続した長期でも、日払いによる日当が見込める宴会コンパニオンは、大学生やOLさんといった本業を持つ女性たちにとっては、実に魅力的な副業となります。しかし、メインではなく、あくまで2ndジョブであるため、ワンポイントリリーフ的な感じにとどめておく必要があります。一番怖いのは、副業で宴会コンパニオンをしていたことが、家族やカレシ、お勤め先の会社にバレてしまうことではないでしょうか?今回は、宴会...

【宴会コンパニオン】一流の女性として身につけたい「マナー」とは?

キャバ嬢でも宴会コンパニオンでも、男性を主なお相手とした接客業では、これが正解!というものがありません。そのかわり、それはダメだよね...というNGマナー&所作というものが山ほどあります。つまり、宴会コンパニオンとしてのマナーを身に着けたかったら、NGアクションをしないというのが鉄則となります。以下では、宴会コンパニオンとしてのNGマナーをリストアップしてみました。

【宴会コンパニオン】カラオケのデュエットに備えてオハコを用意!

年末の忘年会を繁忙期のピークに、野郎どもの宴は飲めや歌えの大騒ぎとなるでしょうか。座が盛り上がってくると、どこからともなく聞こえてくるのは「オネエサン、デュエットしようよ!」というカラオケのオファーですよね。男女が息をあわせてひとつの楽曲を歌い上げるという共同作業は、遊びの基本でもあるので、お客様も大いに喜んでくれるはずです。今回はカラオケの定番である人気のデュエット曲をまとめてみました。

【宴会コンパニオン】仕事多い繁忙期と、ヒマな閑散期のタイミング

女性にしか出来ない副業バイトのひとつとして、隠れた人気を誇る「宴会コンパニオン」。男性相手の接客業として、お酒を注いだり、灰皿を交換したり、会話を弾ませたりと、忙しいときはあっという間に1~2時間が経過するでしょうか。しかし、年中行事と並行しやすい業種でもあるため、世間の流れを受けやすいのも特徴のひとつで、パタッとお仕事が減ることもあります。今回は、宴会コンパニオンの繁忙期と閑散期について解説して...

【宴会コンパニオン】タトゥーやリスカ、根性焼き、ピアスはNG?

宴会コンパニオンの求人に応募するにあたり、心配や気がかりといえば、自分自身のカラダに刻まれたタトゥーであったり、リストカットの痕、もしくは若気の至りである根性焼きの痕だったりするのではないでしょうか。ほかにも産後に働こうと宴会コンパニオンに当たりを付けてみたけど、妊娠線があったりと、人に見られる職業だけにいろいろと気になる部分も多いと思います。今回はタトゥーなどを理由に面接を落とされないか?求人項...

【宴会コンパニオン】40代アラフォーでも働くことができますか?

主婦やOLさんに人気の副業!と言われるなど、今では知る人ぞ知る夜のアルバイトとしても人気を集めている「宴会コンパニオン」。短時間で比較的お高い時給や日給が得られるとあって、年末年始の繁忙期を中心に、求人が活気づく職種でもあります。わたしも!と名乗りを上げたいけど、気がつけばアラフォー40代。果たして宴会コンパニオンの面接をパスできるのか?そもそも面接までこぎ着けることができるのか?年齢の面でいろい...

【宴会コンパニオン】接客の基本は観察力と、ニーズに応える女子力!

会社組織や何かしらの団体による親睦会や、忘年会・新年会。下手すると男性ばかりのイベントになってしまうことも珍しくはなく、そんなときに華を添える存在として重宝されるのが宴会コンパニオンという職業になります。中には、単にお客様と会話をしたり、お酒を楽しむだけと勘違いされている女性も少なからずおりますが、宴会中はやることが多く、デキる宴会コンパニオンほどテキパキと動き回っているものです。今回は、宴会コン...

【宴会コンパニオン】嫌われる接客、煙たがれるキャストの特徴とは?

宴会コンパニオンでもキャバ嬢でも、男性客からモテたり人気が出たり、派遣元のチーフなんかに期待されるコンパニオンと、そうでもない女性が存在します。前者は売れっ子、後者は接客のスタンスに問題がある場合が多いように思えます。今回は、宴会コンパニオンとしてあまり稼げていないキャストにありがちなNG接客についていくつか紹介しております。自分に当てはまっている項目がないか、チェックしてみてはいかがでしょうか?

【宴会コンパニオン】仕事の流れ、タイムスケジュールはこんな感じ

宴会コンパニオンは、お仕事がある日はどのようなタイムスケジュールで動いているのか?彼女たちの1日の流れを、ざっとではありますが以下にまとめてみました。

【宴会コンパニオン】基本は手ブラ、お酌の基本マナーとは?

宴会コンパニオンのお仕事でもっとも回数が多くなるであろう所作のひとつに「お酌」があります。瓶ビールをメインに、日本酒が入ったトックリなど、お客様にお酒を注いであげるシーンは、よくみかける光景です。今回は、お客様の気分を害さない、気持ちよくさせるお酌に関するマナーをまとめてみました。接客スキルを磨くための参考になれば幸いです。

【宴会コンパニオン】締めの挨拶、リーダーなら覚えておきたい定型文

宴会コンパニオンを長らく務めていると、女の子たちをまとめるリーダーというポストに就くことがあります。普段はパイセン頼みだった挨拶という大役もこなさないといけないため、あがり症の女性ほど「えぇ~!」となってしまうでしょうか。でも、宴会の席だし、始まりの挨拶ならまだしも、締めの挨拶なんてみんな酔っ払っているし、数をこなせば何とかなるものです。今回は、宴会コンパニオンにおけます、「締めの挨拶」はどんなコ...

【宴会コンパニオン】居酒屋での服装、どんな衣装が男性ウケ抜群か?

畳の宴会場や、大きなパーティー会場だけでなく、時と場合によっては居酒屋さんに派遣で行く場合もある宴会コンパニオンというお仕事。男ばっかりの飲み会に華を添えるべく女性陣が参戦するわけですが、どんな服装が適しているのか?また、どういった衣装であれば男性に喜ばれるのか?今回は、居酒屋にマッチングする服装について考えてみました。

【宴会コンパニオン】下ネタの話題をふられた際の対処方法とは?

飲んで歌って騒いでと、オヤジたちの宴はお酒のピッチが進むほどに、盛り上がりのピークを迎えることでしょう。そうなってくると、「最近Hしたのいつ?」とか、「今日のパンツ何色?」とか、どうでもよい下ネタを宴会コンパニオン相手に、バンバン放り込んでくる人もそれなりにいます。ここで上手く返せるかどうか?で、その後の未来を決めてしまうこともあるので、あらかじめ対処方法を頭に叩き込んでおくことも、少しでも快適に...

【宴会コンパニオン】おさわり防止方法は先手を打ち触られる前に握る

年末年始が繁忙期のピークを迎える宴会コンパニオン。オヤジどもの笑い声がこだまするお座敷での宴会なんかだと、キャバ嬢と宴会コンパニオンの区別が付かない男性も多いため、おさわりの被害に遭うこともかなりの頻度であるのではないでしょうか。キャバクラとは違い、ボーイが目を光らせているわけでもないので、宴会コンパニオンとして働く女性は、ある程度の自衛手段を持っておいて損はないと思います。今回は、おさわりを上手...