キャバドレス 池袋 通販 激安

池袋キャバ嬢も利用するキャバドレス通販激安まとめ

MENU

池袋系キャバドレスのFAQ

スポンサードリンク

池袋系キャバドレスのFAQ記事一覧

はじめてのお客様にはご挨拶がてら、名刺を手渡すという女性キャストは多いと思います。中には、どうせ捨てられるだろうしと、渡すお相手を厳選するという女性もいますし、すべての人にお配りするというキャストもいて、なかなかに奥が深いのが名刺というコンテンツです。では、いつどんなタイミングで名刺を渡せばいいのか?と考えた場合、接客のイロハである所作を教えてくれるキャバクラや、先輩キャストによって、回答はマチマ...

「私、お酒が飲めないんですけど、キャバクラで働けますか?」という疑問や質問をよく耳にしますが、その逆にお酒が好きすぎてなのか、接客中にガンガン飲んでしまう女性もいますよね。お店側からしたら、お客様のオーダーしたボトルを空にしてナンボな仕事でもあるため、飲みキャラは貴重な戦力ではありますが、あまりに酩酊しすぎて途中から記憶をなくしたり、ちょっとばかし瞳の表情が怖くなってしまったりと、酒癖が悪いばっか...

ブクロから流れてきたキャバ嬢は、とにかくテンションが高い!などと言われておりますが、大切なお客様のデータを管理しているマメなキャストは池袋でもたくさんおられますよね。昔は専ら、専用ノートにペンを走らせるのが当たり前でしたが、スマホ1本で何でも出来てしまう昨今では、顧客管理用のアプリも台頭するなど、プラットフォームも時代とともに変遷を迎えているでしょうか。今回は、顧客管理をしたいけど、どんなデータを...

女の子にチヤホヤされる、恋人気分を味わえる、男性が無条件でモテてしまうのが、キャバクラの醍醐味ですが、来店するたびにいつも自分を指名してくれていたお客さまが、ある日突然、自分以外のキャストを指名。なんだか贔屓にしてくれていたお客様に裏切られたような、ライバルであるキャストに奪われたような気分になり、ショックも大きいですよね。しかし、指名替えはキャバクラではよく起こり得る出来事であり、避けては通れな...

いくらリッチで余裕があるお客様でも、少ないお小遣いをやりくりしているサラリーマンでも、キャバクラという舞台に躍り出れば、お酒も入るし、女の子にモテるし、気も大きくなるし、いつの間にやらグラスを握っていた手が、キャストの元へとスルスルと伸びてくるものでしょうか。即時反応して「キャーッ!!」と悲鳴を上げるような女の子はいないと思いますが、ココロの中では、やっぱり「キャーッ!!」ですよね。今回はちょっと...

池袋のキャバ嬢を困らせるものといえば、おさわりにはじまり、お次は「下ネタ」ですね。女性の身体的特徴をイジるものから、いやらしい質問などなど、とにかく目の前の女性をピンクなワードによって攻め立てるというものです。お酒も入っているし、大きな金額を使っているわけですから、頑なに拒絶するわけにもいかず、かといって相手の言いなりになるわけにもいかず...といったところでしょうか。以下では下ネタの対処方法など...

ランカーキャバ嬢に成り上がるには、避けては通れないといっても過言ではない登竜門、それが閉店後のお遊びである「アフター」ですよね。同伴とは違い、ダイレクトに売れ上げにつながるわけでもないし、店外が舞台となるため、女性によってはちょっと怖いイメージもあるかもですね。なかには、アフターを一切しない売れっ子も存在するため、最初からアフターは論外とココロに誓っているのであれば、ムリする必要はありませんので、...

キャバクラに来店するお客様の大半は、お酒と同時におタバコも嗜むでしょうか。接客するキャストは、自分自身の喫煙の有無に関わらず、マイライターを必需品として常に携帯していますよね。今回はおタバコの火の付け方に注目していきたいと思いますが、ちょっとしたアクセントをもたらすことで、相手の印象値もガラリと変わるかもしれませんよ。

会社や学校の女子にはあまり見向きされなくとも、キャバクラへやって来る男性は無条件でモテモテになってしまう。これこそがキャバクラの醍醐味ですが、お客様である男性たちを、おもてなしする役目であるキャストは、一体どのように接客にあたれば、男性たちに「モテた!一目置かれた!」と思われるのでしょうか?今回はキャバクラにおける「モテ接客」について、掘り下げてみたいと思います。

「私、実はお酒が飲めないんです...」、テーブルをはさんで向き合う面接官に思い切って打ち明けた瞬間、相手の表情が曇ってしまった...。キャバクラ面接ではよくある光景かもしれませんが、それでも何とかキャストとして採用してもらえたけど、アルコールNGというハンデを乗り越えて行けるだろうか?不安に駆られる女性も多いことでしょう。お店によってはお酒がムリなのを理由に不採用ということもありますし、飲みキャラ...

いつも触られてばかりのキャバ嬢ですが、色恋営業に持っていくには「あれ?この子オレのこと好きかも!?」と勘違いさせるのが一番です。男性は単純な生き物と言われますが、自然な流れでのボディタッチは極めて有効打となるでしょうか。今回は数ある中から使用頻度が高いと思われる手法を紹介していきたいと思います。